<< ガルバニックの美容効果について | main | うるおい肌に欠かせないスペシャルケア >>

ほうれい線の原因と美顔器で対策する方法

JUGEMテーマ:美顔器・美容機器

美容

はじめに

お肌の曲がり角と一緒に気になるほうれい線は、主に30代に入ると気になる人が多くなるそうです。しかし、 最近では20代の女性でも、ほうれい線が出来てしまう人もいると言われています。ほうれい線はいったい何 故出来てしまうのでしょうか。原因と美顔器で対策する方法をご紹介します。

ほうれい線ができる原因とは

ほうれい線は、鼻のわきから口元になぞってできるラインのことをいいます。30代に入るとできやすくなり、一気 に相手に老けた印象を与えてしまいます。ほうれい線は一度できてしまいますと、表情を変えなくてもくっきり と残るラインなので注意が必要です。 ほうれい線ができる主な原因は加齢による皮膚のたるみです。頬や口元の皮膚がたるむことで、脂肪が下が りほうれい線が出来てしまうのです。ただし、最近では乾燥や冷えによるむくみ、過度なダイエットや睡眠不足 などが原因で起こる生活習慣の乱れが原因でもできやすく、20代の女性でも悩んでいる人が多くいるそうです。

ほうれい線のケアはどうすればよい?

20代のほうれい線は、主に乾燥や栄養不足が原因で起こることが殆どです。そのため、保湿ケアを徹底して 生活習慣を正せば改善できるでしょう。30代に入りますと、老化によるたるみやコラーゲンの減少などもほう れい線ができる原因として挙げられますので、20代と同じような保湿ケアだけでは対策できない可能性があり ます。 スキンケアでは、ビタミンC誘導体やレチノールなどが含まれた美容液などを使うと良いでしょう。また、それに プラスして美顔器を使ったケアを行うことでよりほうれい線対策ができると言えます。

トニーシュアでほうれい線対策!

トニーシュアはヘッドのチップを交換するだけで、プラズマとガルバニックの2つの機能を使い分けることができる 美顔器です。お肌のたるみやほうれい線が気になるという人は、スペシャルガルバニックチップを使ってケアを 行いましょう。 お肌の気になるラインに使うことができるトニーシュアは、肌に刺激を与えることなく効果が得られます。普段 使っている美容液と一緒に使用すれば、キレイな肌を手に入れることができるでしょう。

おわりに

ほうれい線はお肌のたるみや乾燥、栄養不足などのいろんな原因が重なってできてしまいます。20代であれば スキンケアを見直すことで改善することができますが、30代に入るとなかなか簡単に改善することはできません。 トニーシュアを使えば、肌に刺激を与えることなくほうれい線ケアができますので是非試してみてください。

| 美容 | 16:40 | comments(0) | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--